特定活動助成 2021
一人ひとりの心に寄り添う“傾聴ボランティア”を応援します

近年、国内では地震や豪雨などの自然災害が相次いで発生し、地域の復興や生活再建とともに、被災した人々の心のケアの必要性が指摘されています。
また、少子高齢化・人口減少が進む現代は、高齢者の孤立や、青年・壮年の引きこもり、孤立した育児や介護など特有の課題があり、新型コロナウイルス感染症の発生は状況をさらに深刻化させています。さまざまな困難に直面する人々の話を親身に聴き、心の奥からこぼれてくる思いを受け止める「傾聴ボランティア」が、ますます求められています。
全国で心のケアのための傾聴ボランティア活動をしている団体に助成致します。

応募要項・申請書のダウンロード

※2021年度の応募は終了しました。

応募にあたって

1) 対象

心のケアのための傾聴ボランティアとして活動をしている団体
(自然災害の被災者をはじめコロナ禍で困難な状況にある人等を傾聴)

上記の団体のうち次の二つの条件を満たす団体を対象とします。
 i) 応募に際して、地元社会福祉協議会の推薦を得ること。   
 ii) 団体として、既に一年以上の活動実績があること。  

2) 助成期間および金額

最長3年間。年50 万円を上限としますが、助成額については活動内容により査定します。
継続助成につきましては、経過報告を重視して決定します。

3) 応募締切日

2021年7月30日(金)午後5時必着

4) 応募方法

当財団所定の申請書に必要事項を記入の上、当財団宛送付ください。
(申請書の受け付けは送付のみとなります。財団事務所への持参、メール、FAXによる受け付けは致しません)
紛失等のトラブルを避けるため、なるべく書留や宅配便等でお送りください。
ご提出いただいた申請書はご返却できません。必ず控えをお取りください。

※申請書は、片面印刷にて出力し、ホチキス留めはしないでください。

申請書の記入にあたっては、以下の点にご留意ください

1. 申請活動名具体的内容が分かるように、簡単明瞭にご記入ください。
2. 申請助成金額万単位でご記入ください。
各費目については、次項の費目一覧をご参照ください。
3. 請活動実施の動機と内容、効果助成を申請する活動を思い立った動機、具体的内容、期待される効果を、それぞれ詳細にご記入ください。
4. スケジュール活動計画の詳細をご記入ください。
5. 新型コロナウイルス感染症対策全ての活動別に箇条書きでご記入ください。活動とは、実際の活動や講座だけでなく、団体内の研修や会議等も含みます。
6. 団体の組織代表、役員、職員、活動メンバー、会員等組織を図式化し、それぞれの人数もご記入ください。また、主たる役職者について表にご記入ください。
7. 団体代表者の主たる経歴・活動時系列にご記入ください。
8. 団体の活動略歴・主たる実績時系列にご記入ください。
9.団体の財政前年度の収支決算と、本年度の収支予算をご記入ください。
10. 他の助成団体等への申込状況当財団以外への申込状況をご記入ください。
11.添付資料地元の社会福祉協議会に推薦コメントをいただいてください。また、団体のパンフレット、新聞や雑誌等に掲載された紹介記事のコピー等があれば、添付してください。

※記入もれのないようお願い致します。
※代表者名の後に、団体の代表者印を押印ください。
 代表者印の押印がないものは受け付け致しません。
※各項目については、「別紙参照」とせず、申請書に収まるように記載してください。

5) 助成金の使途

助成金は、活動に直接要する会議費、旅費交通費、通信運搬費、機材購入費、消耗品費、印刷製本費、諸謝金、通訳翻訳料等に使用するものとします。既に終了した活動には助成致しません。
助成金の使途については、以下の費目一覧をご参照の上、具体的な積算根拠とともにご記入ください。
なお、助成決定後に各費目の金額を変更することは原則としてできませんのでご留意ください。
助成期間終了後に領収書(原本)および明細書をご提出いただきます。

《費目一覧》

《費 目》《説   明》
会 議 費会議のための会場借料、設営費、茶菓子代、弁当代等
旅費交通費国内旅費、宿泊費、食事代等
通信運搬費通信費、運搬費等
機材購入費活動に直接必要な備品等の購入費等
消 耗 品 費文具等事務用品、感染症対策に関わる物品等
印刷製本費資料のコピー代、ポスター・パンフレット等の印刷費等
諸 謝 金講師等、職員・会員以外の協力者への謝礼金
通訳翻訳料通訳料、翻訳料
その他経費ボランティア保険等、上記費目に該当しない経費

6) 選考方法

当財団の選考委員会及び理事会により決定させていただきます。
採否の決定は文書によって通知し、決定した活動・団体につきましては公表致します。
採否の理由等、選考に関わる内容につきましては、お問い合せに応じかねますのでご了承ください。

7) 発 表

2021年11月1日(予定)

8) 助成金振込

2021年11月下旬予定

申請および助成にあたって
  1. より多くの団体に助成金をご利用いただくため、過去に当財団の助成を受けられた団体の応募はご遠慮いただきます。

  2. 採択団体には、助成期間終了後、2023年3月までに完了報告書を提出していただきます。

  3. 申請にあたって取得する個人情報は、当財団の選考作業や助成の可否の通知など本申請に関する業務に必要な範囲に限定して取り扱います。

  4. 新型コロナウイルスの感染拡大は、予断を許さない状況が続いており、感染防止に、より一層の注意を払う必要があります。
    官公庁が提唱している感染防止対策に十分留意し、活動時のマスク着用や活動前の検温など基本的な感染防止対策を徹底するとともに、地元自治体や保健所から示されている注意喚起事項をよくご確認いただき、活動先の施設や関係機関、協力者などと活動の受け入れについてよくご相談の上、申請してください。
    また、新型コロナウイルス感染症拡大の影響により活動スケジュール等を変更する必要が生じた場合は、個別に対応致しますが、予め活動実施の可能性を十分に検討の上、申請ください。

  5. 本助成に関するお問い合わせ、お申し込みは、当財団事務局宛にお願い致します。


<お問い合わせ・申請書送付先>

公益財団法人ユニベール財団
〒160-0004 東京都新宿区四谷2-14-8 YPCビル5階
Tel. 03-3350-9002  Fax. 03-3350-9008
お問い合わせ